スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しし座流星群

前回は温泉(露店)に寝そべりながら観測できる筈が
空があんまり見えなくてションボリでした。ども、ryです。


今回、しし座流星群も実はあんまり好条件ではありません。
というかこの流星群は特殊な性質で(詳しくは割愛w)
次に爆発的に観測できるのは2034年になると思います。
条件的に良さそうなのは2017年ですね。だいぶ先やん…


しかも今年は結構強めの雨が予報で出てますね…とほほ


さて、可能性が0じゃない限り俺はそれに賭ける!
…的な台詞を妄想しながら当日を待とうと思いますが。
恒例(?)の簡単な探し方講座~!ドンドンパフパフ♪


まず極大日(一番多く見られるであろう日)は11月17日
…ですが!
18日の明け方、4~5時に見上げてください。


理由としては以下の通り、
専門機関などでのアナウンスでは
極大時刻は夕方頃でほぼ地平に隠れる為、眼視での観測に不適。
上記指定の時刻だとしし座の場所が見つけやすい為。


では肝心の見つけ方。まずは上記4~5時の場合。
ほぼ真上から少し東。以上。


もっと早い場合は…
2時頃:東の空にようやく見え始めます。
3時頃:少し南寄りに進みながら、もう少し上に…
4時頃:だいたい東の空、斜め45度くらい
5時頃:割と、結構、かなり真上に近づいて来て…
6時頃:殆ど真上…ですがもうかなり明るいはずOr2

こんな感じです。


流星群の観察ではどれも共通して言える事ですが
上記の日時、場所を踏まえて流星の流れ始める地点(輻射点)を中心に
空全体をぼんやり眺める感じで見ると楽です。
厚手の毛布や頭置きを用意して、長時間楽な体勢をキープする。
というのがコツといえばコツです。


地域によっては雨雲(雷雨?)のために観測自体できないかもですが
月齢も若く、条件は決して悪くは無いので諦めずに頑張りましょうw


最後にオマケ情報。
噂では20日の明け方、同様の時刻にも好条件が訪れる様です。
雨などで無理だったという人はリベンジしてみては如何でしょう!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author : ry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ここはおまえの

更新情報通知用

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。