スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1時間で130mm…だと!?

昨日の時点で誰がこんな事態を想像できたでしょう。ども、ryです。
犠牲になられた方々の御冥福をお祈り致します。
また、御遺族の方々に衷心よりお悔やみを申し上げます。


降水量が1時間で120mmとも報道によっては130mmとか
今まで聞いた事も無い様な数値を観測したそうです。
更に最新の報告では最も強い時間帯では
10分間で30mmという話もあったそうですね。

更にそれが2~3時間?程殆ど移動せず降り続けたらしい。
昨日のエントリーを送信した時点で既に避難指示?とか
えらい大変な状況になってたらしい(いい加減)

私の住む里は山一つ越えた感じの地域なんですが
広島市方向の山の稜線がとにかくもうひっきりなしに光り続け
かなり遅れてずっとゴロゴロゴロ…と鳴り続けてました。
直下の今回被災した地域の人たちはどれほど怖かったでしょう。

『外を見たら家が無かった…』とか某巨大掲示板とかで
燃料投下かよ。ってレベルのお話があちこちで起きてたぽい。

深夜3時半頃には地盤の水分も飽和状態になり
複数箇所で土砂が崩れ始めていたらしい。
4時半頃には消防士の人が犠牲になり…
避難勧告が発令されたのも実はこの頃で
危機管理部長は対応の遅れをメディアの前で詫びています。

しかしこの消防士の人、結果的には残念な結果にはなったけど
迅速な対応だったし、まだ危険なさなかに救助に突入するとか
どんだけ勇敢なんだ…と思いました。
自分だったら足も動かせないわ…


そして明けてからは折角の夏休みでゴルフをやる気満々の
国家元首が首相官邸まで戻ってきてくれました。
いやさ、それでもゴルフ行ってた事は良い。百歩譲ってね。
でもね、多分他の首相なら現地入りはしてるよ。
役所で着てる様なベージュの上着(作業着?)着てね。
さすがJ民党。何故か支持率も下がらない。って気がします。




そして報道を見ていて最も衝撃を受けた報道が
知人?友人?同僚?だかのおばちゃん(っぽい女性)が
安否を気にして翌朝駆けつけていて、探してた人と会え
抱き合って泣きじゃくりながら無事を喜んでいたニュース。

自分にはこんなことしてくれる友人いるだろうか…と。

電話かけたりメール打ったりするのと
何はなくとも駆けつけてくれる友達との壁って
とてつもなく高いと思うの。

私は1人。○○くんだったら。う~n…来てくれる…かなぁw
どうだろうなぁ~~うーn
多分来てくれる…と、思う。 ていう感じで居ます。

ただ逆の立場だったら私はそいつん所へどうやってでも行く。
そんな相手が居る事がちょっとした誇りです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author : ry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ここはおまえの

更新情報通知用

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。